マリアの京都*写真帖
普段着の京都を、飾らずに紹介して参ります。。。^^
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[
スポンサー広告 ]
| --/--/-- --:--| |
大原・寂光院


実生活が忙しく、なかなか記事を更新できません。
来週の半ばまでは、お客様が多く、皆様のブログ訪問も ままならない
かと思います。。。御理解下さいませ。。。<(_ _)>

今日は、大原にある寂光院を。。。
こちらは、天台宗の尼寺。推古2(594)年に、聖徳太子が御尊父用明天皇の
菩提を弔うために建立されたと伝えられています。

また、、『平家物語』大原御幸で知られた平清盛のご息女 建礼門院が
晩年を過ごされたお寺として有名です。

ランキング 更新の大きな励みです。
あなたのクリックで応援頂ければ幸いです。。。(^o^)丿

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ

コメントは残さないけれど、クリックで応援だけは。。。という皆様
いつも、ありがとうございます。・:*:・(* ´ー`*人)。・:*:・


f2-10o13.jpg

美しい庭園の中で、ひときわ目を引くこの燈篭。

豊臣秀頼が本堂を再建した際に伏見城から寄進されたものといわれ、
雪見灯籠といわれる置き型の鉄製灯籠です。

f3-10o12.jpg

このご神木に関しては、寂光院様のHPより引用させて頂きます。

池のうきくさ 浪にただよい 錦をさらすかとあやまたる
       中嶋の松にかかれる藤なみの うら紫にさける色 (『平家物語』大原御幸)

本堂前の汀の池のそばには、古来より櫻と松が寄り添うように立っていて、
その櫻を「みぎわの櫻」といい、松を「姫小松」といった。
姫子松は細長く柔らかい松の葉が5本が一組になってつく、いわゆる五葉松のことである。
寂光院の姫小松は樹高15メートル余りで樹齢数百年になるものであったが、
平成12年(2000)5月9日の不慮の本堂火災とともに、池のみぎわの櫻と姫小松もともに被災し、
とくに「姫小松」は倒木の危険があるため伐採のやむなきに至り、現在はご神木としてお祀りしている。
  



f4-10o14.jpg

池の奥に見えます茶室は『孤雲』と名付けられています。
この名前の由来は 寂光院の公式HP でご覧下さい~^^

寂光院の公式HPはこちらからどうぞ~
スポンサーサイト

[ この頃思うこと ]
| 2011/10/21 09:38| TRACKBACK(0) | COMMENT(14) |
この記事に対するコメント

マリアさん、こんにちは(^o^)ノ
寂光院を見ることができて幸せです♪
ちょうどね、昨日話に出てきたんです。
紅葉の綺麗な所として。
でも紅葉だけではないんですね!!
このように丁寧な記事によって、本来の存在価値を知ることが出来た気がします。マリアさん、いつもおおきに(*´▽`*)
【2011/10/21 12:55】 URL | AKIRA #- [ 編集]


 寂光院へも10年以上行っていないかも。
趣があって良いお寺せんですよね。
苔むした石段の所が大好きなんです。

昔むかしの思い出をひねり出してます(笑)
【2011/10/21 14:04】 URL | イリュウ #a19sqO0. [ 編集]

こんにちは
こちらには
2回ほど行ったことがあります。
こうやって
マリアさんのお写真を拝見すると
懐かしさがこみ上げてきます(*^_^*)


ご多忙なようなので、無理なさらず
ご自愛くださいね。
【2011/10/21 14:50】 URL | きゃふ #FvLIUmYM [ 編集]

すぐにでも行きたくなる場面
お久しぶりです。こんにちは。透き通るような綺麗な緑の樹木に囲まれている様に今にも近づきたくなります。1枚目、石段に近くまでカメラを下げカメラアングルを上に向けたときの雰囲気の変化も楽しめそうですね。ファインダーがのぞきにくくなりますから何枚か撮影しておくことも大切ですが。
【2011/10/21 14:58】 URL | oka #QjSZ2aSY [ 編集]

寂光院
緑が眩しいところですよね。
【2011/10/22 03:26】 URL | 凡・ハヤト #kmBhwWbA [ 編集]


おはようございます^-^
寂光寺は確か以前放火にあって燃えた所ですよね?
それまでは三千院と並んで紅葉で有名でしたね。
日本の大切な建物を大切に守らないといけないですね。
【2011/10/22 07:14】 URL | 哲郎 #- [ 編集]

秋の日差し
こんにちは。
新緑の瑞々しさとは違った、少し乾いた感じのする緑。
秋の日が差してとってもまろやかな空気感ですね。
寂光院を、清盛の娘・徳子の祈りが包んでいるようです。
【2011/10/22 09:10】 URL | mint #B2bgHvfw [ 編集]

コメント 有り難うございます(^◇^)
AKIRAさん イリュウさん きゃふさん okaさん
凡さん 哲郎さん mintさん ( ‘∇‘ )ノ” コンチワー

あたたかな感想を、有難うございました!
更新の大きな励みになっています。

今日は、時間がとれないので まとめてお返事させて頂きます。
(*・ω・)*_ _))ペコリン

哲郎さんの仰るっとおり 2000年 ここの本堂は放火によって焼失しました。
やはり、以前の本堂は、歴史を感じられ 素晴らしかった。。。
と同行した友人たちは 残念がっておりました。
本当に こういう歴史ある神社仏閣を守るという事は
大切な事ですし、しっかりやっていかないといけませんね。

桜と紅葉の時期が有名ですが、この時期 緑も美しく
十分楽しめました。
観光の方が少なく ゆっくりできるのがいいですね。。。

明日から、またお客様です。
いろいろな方が会いに来て下さって、楽しく過ごしています。
なかなか、皆様のところに伺えず 失礼しております。
来週後半には、時間の余裕ができると思います。

【2011/10/22 13:40】 URL | マリア #3m4C9JA6 [ 編集]

遅れておりますが・・・
寂光院・・良いお庭と言いますか、
さすがな庭園美ですね~~。
以前に焼失されたとは思えないくらいです。
放火・・三島由紀夫の「金閣寺」を思い出します。
(゜▽゜*)お忙しいと思いますのが
無理しないでくださいね☆
【2011/10/22 23:36】 URL | 占い師mecha #- [ 編集]


マリアさん こんにちは♪

やっとお天気の方回復してきましたね・・・

お忙しいようですね・・・
ご自愛くださいね♪

緑が眩しい程綺麗ですね♪
とっても素敵で綺麗なお庭ですね♪
【2011/10/23 16:24】 URL | setuko #znbroFtE [ 編集]

寂光院
いいお庭ですね。

寂しい光のお寺


それでは~

♪~アマデラの和尚さんは~

マリを蹴りたし

マリはなし

ネコを紙ん袋に 詰め込んで~♪

それで~

ポンと蹴ったの?

「笑光院」になっちゃっつた。(笑)
【2011/10/23 22:58】 URL | 華やぎ #pn.FNN1k [ 編集]

こんばんは
マリアさん、お忙しい毎日なのね!
景色がきれいな季節になり、皆さん外に出ていますものね。
とても、静かで穏やかな気持ちになれました。
これほど緑が豊かで静かで… 
本当に日本の景色は美しいわ。

寂光院さんのHPに行って来ました。
【2011/10/23 23:31】 URL | ももちゃんのママ #SVUff9GE [ 編集]


こんばんは…大原、大好きです!このブログはいつ見ても癒されるので毎晩楽しみです。
【2011/10/24 21:03】 URL | kenji #tHX44QXM [ 編集]

コメント
mechaさん setukoさん 華やぎさん ももちゃんのママさん
kenjiさん ( ‘∇‘ )ノ” コンチワー

コメント 嬉しく拝見していたのですが、なかなかゆっくり
PCに向かう事ができず、お返事遅くなりました。
申し訳ございません。。。(*・ω・)*_ _))ペコリン

お天気もまずまずで、忙しくも、楽しい毎日を
過ごしておりました。
皆様も、お変わりなさそうでなによりです*:.。☆..。.(´∀`人)

mechaさん setukoさん いつも有難うございます。
体調 無理しないように、よく気をつけていますので
大丈夫です~^^

華やぎさん 得意の替え歌 吹き出しそうになりました。。。
(*≧m≦*)ププッ

ももちゃんのママさん コスモス いかがでしたか~?
圧倒されるくらいのコスモスだったのでしょうね?
本当に気持ちの良い季節 ももちゃんと楽しくお過ごしくださいね~
(o^―^o)ニコッ

kenjiさん 嬉しいコメント有難うございます。
ここのところ、実生活が忙しく、更新が滞りがちですが
細く、長く続けていきたいと思っております。
宜しくお願い致します~(o^―^o)ニコッ
【2011/10/25 16:47】 URL | マリア #3m4C9JA6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mariakyoto.blog92.fc2.com/tb.php/1170-391c657a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マリア

Author:マリア
京都に住む管理人が、素顔の京都、四季折々の生活者の京都をお伝えしています。
拙い写真ですが、ほっこり、あたたかな気持ちが伝われば幸いです。(*^_^*)

ランキング応援お願いします(^o^)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ


アクセスカウンター



 




◎ブログ内の画像は、持ち出さないでくださいませ。




  
今までの日記はこちら
  


お勧めブログとして認定されました
お勧めブログとして
認定されました





since 2005.6.4.
 



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



ブログ内検索



月別アーカイブ



RSSリンクの表示



最近のトラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。